忍者ブログ
2018/11月
≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月4日(金)11:00~ 18名

名港保育園の保護者の皆様に講習をさせていただきました。



DVDを見て頂いたあと、講師による救命方法の実演、
そしてグループに分かれていただき、皆様にAEDを使用した救命救急方法を体験していただきました。

救命救急にかかわる一連の流れを体験していただきました。
みなさん熱心に取り組んで下さりありがとうございます!

使用する場面がこないならそれにこしたことはありませんが、知っておくことで心に余裕ができるかと思います。
救命救急活動は、ひとりで行なうことはとても難しいです。
もし倒れている人を見かけたら、まずは周りの安全を確かめてから倒れている人のそばに駆けつけてください。
そして、「助けてください!人が倒れています!」等、勇気を持って声を出し、周りの人へ助けを求めてください。

声をかけるところから、救命救急は始まります。
大切な命をすこしでも多く助けるために、皆さんが勇気を持った行動をしてくれたらいいなと願っています。

また、私たちは人の命を助けるために必要な「PUSH活動」も推奨しています。
PUSH活動の3つのポイントを紹介します。

○自分をPUSH
 倒れている人を見かけた時、一番難しいことは声をかけることかもしれません。
 あなたの「大丈夫ですか?」の一言で、助かる人もいます。
 まずは、あなた自身が声をかける勇気を持つことが人を助ける第一歩になります。

○胸をPUSH
 119番を呼んでもらい、AEDを持ってきてもらう間、胸骨圧迫(心臓マッサージ)をしてください。
 1分間に100回以上の速度を目安に、5cmほど胸が沈むくらいの強さで行います。
 
○AEDのボタンをPUSH
 AEDが到着したら、音声指示にしたがって傷病者の胸にパッドを貼ります。
 パッドを貼り終えたら、AEDの機械が心電図をはかるので傷病者の身体に触れないようにしてください。
 電気ショックが必要だと判断されたら、機械が充電をはじめ、電気ショックが与えられるようになったらボタンが電気ショックボタンが点滅するので、傷病者に誰も触れてないことを確認して、電気ショックボタンを押してください。


全ての人が勇気を持って倒れている人に声をかけられるようになったらいいですね!
まずは、自分のPUSHが重要です。
勇気を持って、一歩ふみだしましょう!

名港保育園の皆様、講習を受けていただきありがとうございました(^^)/
 
また、名港保育園の保護者の皆様よりあたたかいご寄付をいただきました。
講習の受講と共に、厚く御礼申し上げます。
いただきましたご寄付は、AEDを購入したくても購入できない施設へのAED寄贈のための資金、
AEDの正しい使用法や管理方法の普及・促進のための活動に利用させて頂きます。

90分間、熱心に講習を受けていただきありがとうございました!
今度とも当協会の活動へのご理解・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者アナライズ
P R
バーコード
忍者アナライズ